前髪ハゲ 男

前髪からハゲはどんどん進行しスカスカに

私は現在、27歳の男です。髪が気になり始めたのは大学卒業間近の時です。
その後、営業職に就職したのですが、前頭部の生え際が徐々に薄く後退してきました。

 

初めは営業のストレスで一時的に・・・とそこまで気に留めなかったのですが、前髪から薄毛はどんどん進行・後退し、スカスカになってきました。
ワックスをつけても誤魔化せなくなり、女性の目が気になるし、若ハゲが心配になってきました。

 

≫男性の薄毛の原因は結局頭皮の血流に帰結する!?

 

ハゲてきた時期が就職後だったのもあり、私の薄毛の原因はストレスだろうと思ったのですが、気になって一応本を読んで調べました。
AGAクリニックの医師が書いた本で、著者自身も薄毛に悩んだという経歴なので詳しく解説されてました。

 

薄毛の原因になると言われているのは酒、タバコ、睡眠不足、などの生活習慣とかいろいろありますが、どれも頭皮の血管を萎縮させるのでハゲの原因になると解説されていました。

 

頭皮の血流が悪くなると、血流量を増やす効果のある男性ホルモンのテストステロンの分泌が増えます。
これ自体は血行を良くしてくれるので良いことなのですが、テストステロンがジヒドロテストステロン=DHTという悪玉ホルモンに変わってしまうと、毛母細胞の活動を邪魔するんですね。

 

酒、タバコ、睡眠不足、ストレス(生活習慣)

頭皮の血管が萎縮する(血行が悪くなる)

血流量を改善するために必要なテストステロンが分泌される

テストステロンがDHTに変わる

DHTが毛母細胞を邪魔する

 

このように、原因は生活習慣であっても、頭皮の血管萎縮から先は同じ流れで薄毛の進行に影響するというのです。
女性にはない男性特有のメカニズムです。

 

≫なぜ前髪からハゲたのだろう?

 

なぜ前髪からハゲたのだろう?
抜け毛が始まる時って斉藤さんみたいにオデコ/前髪からハゲる人とフット後藤みたいにつむじからハゲる人がいますよね。
同じハゲでも種類が違うのかな?と思って調べてみました。

 

上でも書いた薄毛の原因になるジヒドロテストステロン(DHT)は頭皮に分布している5αリダクターゼという酵素が男性ホルモン=テストステロンと結びついて発生します。

 

この5αリダクターゼですが、一般的に男性は前髪の生える前頭部の方に多く分布しているというんですね。
参考:https://www.rs-clinic.com/menu/aga_tsumuji.html

 

なので、私が前髪から抜け毛がはじまったのは5αリダクターゼ→DHTの影響が大きかったのだと思います・・

 

ちなみに5αリダクターゼには1型と2型があります。
1型は頭皮全体に分布しているのに対し、2型はオデコ前髪からつむじにかけて分布しているんですね。

 

サザエさんの波平の状態でいうと、禿げている部分がまさに2型の分布と一致していて、髪の残っている部分は1型の影響だけしかうけないため生き残っているんです。

 

だからひとことに5αリダクターゼと言っても2型を抑える必要があります。
あとで詳しく解説しますがAGAクリニックや皮膚科で処方されるプロペシアは副作用はありますが、この2型を抑え改善するので、若ハゲに効果が認められているんです。

 

 

そんな中、大学生時代の友人女性が結婚する報告を受け、結婚式に参加することになりました。
案の定、若ハゲの話題になり、笑われると思ったのですが、逆に心配されました。これはいかんと思い、治療を受けることを決意しました。

 

病院に行ったところ、やはり私の状態はAGAと診断され、プロペシアを処方していただきました。
ただ、プロペシアは20代の私には本当に高額で直ぐに辞めてしまいました。
≫AGAを診てくれる病院って実は多いのですが・・・

 

日本皮膚科学会が男性脱毛症の対処法のガイドラインを出しているだけあって、実はAGAを診てくれる・薬を処方してくれる皮膚科は多いみたいです。

 

印象としては、 AGAクリニックよりも費用が安い感じがあるので、近くに皮膚科があるなら一度問い合わせてみてもいいと思います。

 

ただ、皮膚科が処方してくれるのはガイドラインにもあるプロペシアとミノキシジルだけで、もちろんそれで良いのですが、 一見費用の高いAGAクリニックでも、皮膚科が出すのと同じ薬を出すだけならあまり値段は変わらないのだそうです。

 

何が高く付くのかというと、専門の器具でいまの状態を検査してもらったり、最新の薬を処方してもらう場合に皮膚科との費用の違いが出てくるんですね。

 

それと、 AGAだけを研究し、患者を診続けているクリニックと一般の皮膚科では、経験の蓄積に違いがありますし、ノウハウも違うので、本気で直したいなら AGAクリニックの方が安心できるというわけなんですね。

 

考えてみれば、AGAは健康にかかわる病気ではないので、できるだけ安いところを探してしまいますが、もし健康にかかわる病気だったら高くても症例や実績の豊富な病院を探しますもんね。

 

そのほかにはポリピュアとかいくつかの薬用育毛剤があります。

 

でも、まだ20代という事もあり、若ハゲになってしまうのかと凄く気になっています。

 

30代で女性関係も落ち着いて、彼氏彼女とかではなく家庭も持った後なら、禿げても別に良いでしょうし、フィナステリドの副作用が男性機能に出てるのに恐れも少ないんでしょうけど・・・

 

今はコンビニとかで売られている安い発毛剤と短いヘアースタイルで何とかしてます。
≫コンビニの安い育毛剤は効くの?

 

基本的にコンビニで売っている育毛剤は、特に安いものだと効果がないとは言いませんが、前髪に対策するためのものを探すのは難しそうです。

 

というのは、前髪生え際の抜け毛となると上にも書いたように5αリダクターゼに対策しないといけないのですが、それができる育毛剤って本当に少ないんですね。

 

ただ頭皮の状態や血行を良くするというのなら、どの育毛剤でもいいと思うのですが・・

 

ちなみに、リアップは第1類医薬品(OTC医薬品)なので、薬剤師のいる薬局でしか買えません。
そんなリアップの成分にはAGAクリニックでも出されるミノキシジルが含まれているので対策として効くのはまちがいありませんが、前髪に使えるかというと微妙みたいです。

 

 

私の場合、仕事の営業でストレスが本当に酷く、500円サイズのハゲも出来てしまいました。
≫円形ハゲと前髪ハゲの違いは?

 

前髪からの薄毛もストレスが原因のひとつになりますが、円形ハゲはそれよりもっとストレスとの因果関係が強いんですね。

 

その代わり、原因のストレスがなくなると、わりとかんたんに回復するのが円形ハゲの特徴です。

 

円形ハゲといえば、以前テレビでタレントの森脇健児さんが鍼治療でハゲを克服したという話をしていましたが、森脇さんの場合もはじめに円形ハゲができて、その後文字通りハゲ散らかすかのごとくハゲが全体にひろまっていったのだとか。

 

森脇さんの話からも円形ハゲは比較的対策しやすいことが予想できます。
もし円形ハゲなら鍼治療で直せる可能性があるということですからね。

 

私の場合もこの500円サイズの円形脱毛症は今では治りつつあります。
前髪の薄毛も同じように復活してくれるといいんですが・・・

 

 

今も自己流で対策しているのですが、なかなか髪の再生は難しいですね。
何とか回復してほしい思いで、毎日お風呂に入っています。
画期的な治療法が見つかってくれると嬉しいです。

 

AGAクリニックの前に

上にも書きましたが、本気で治そうと思ってコンビニの、しかもその中でも安い育毛剤を使うっていうのはさすがに楽観的でしたね・・・

 

そこでしっかりと育毛剤を調べてみると、DHTを抑えるものがあるということがわかりました。
しかも、返金保証があるので、試してみてダメだったらAGAクリニックに行けば良いんですよね。

 

いま人気の育毛剤はほとんどどれも返金保証があります。
やっぱり相性があるから、メーカーもまずは試してみてもらいたいと思ってるんでしょうね。

 

そんな返金保証ありDHT対応の育毛剤を以下にまとめました。

 

 

プランテルの特徴

ヒオウギエキスを配合してM字はげ専用の育毛剤として人気が高いのがプランテルで、M字特化ということは必然的に前髪ハゲにも良いわけですね。
どのへんがM字専用なのかというと、ヒオウギエキスを核としたA-DHTホルモン理論というのが肝になります。
上に書いたように前髪は2型の5αリダクターゼの影響が大きいのですが、A-DHTホルモン理論でこれを狙い打つというのが良いというんですね。
プランテルは毎日使っても一日あたりの費用が安いのも特徴です。
1本に50日分入っていますが、一日に使う分で割ると、費用はわずか136円ほどです。
缶コーヒー1本分ほどのコストで使えるので毎日負担無く使い続けられるのも若はげには朗報。
もちろん、返金保証もあります。

価格 6980円
評価 評価3
備考 ヒオウギエキスを核としたA-DHTホルモン理論で2型の5αリダクターゼに対応

 

チャップアップの特徴

以前まではオウゴンエキスを配合し、高い効果が話題を集め人気になった育毛剤チャップアップですが、何度かのリニューアルを経て、最新版ではヒオウギエキスも配合するようになりました。
ここ数年で色々なメディアにも取り上げられて注目度が急上昇している育毛剤ですね。
チャップアップの特徴としては、当初は返金保証があるという点が若はげには嬉しい要素でしたが、最近では他の育毛剤も返金保証があるので、どちらかというと配合成分の種類の多さが特色になっています。

価格 9090円
評価 評価4
備考 配合成分の種類が多く返金保証がある

 

無添加育毛剤イクオス

IQOS(イクオス)の特徴

オウゴンエキスを配合しながら、M-034を最大級に配合している、しかも定期便価格がこのカテゴリの中で一番安いというのがIQOS(イクオス)の特徴です。

実感までの平均期間は1ヶ月〜3ヶ月と、ミノキシジル育毛剤(リアップなど)よりも早い時期に、より多くの人が実感できたという調査結果があります。
(3ヶ月以内に76%が実感)

また45日間の全額返金保証も安心です。(通常他社製品では1ヶ月)

  1. 厚生労働省が認可した天然無添加の育毛成分M-034を最大級配合
  2. 結果が出るまで1ヶ月〜3ヶ月で76%が実感
  3. 全額返金保証の期間が45日間ある

この3点から、人気ナンバーワンになっているのがこのイクオスです。
期間限定ですが、育毛サプリが無料プレゼントされるのも若はげには朗報です。同じような他社サプリは5000円ほどするのもありますから、結構お得です。

価格 6800円
評価 評価5
備考 定期価格が安くて、M-034配合量が最大、返金保証が45日と長くて1回目から解約OK

 

 

ハゲは遺伝する?

ハゲは遺伝すると言われていますが、主に母方の方から遺伝するみたいですね。

 

母方の祖父の髪の毛が禿げていたら危険だと考えた方がいいみたいです。
というのは、ハゲは隔世遺伝すると言われていますが、女性はAGAにはならないので、遺伝要因は引き継ぎつつも次にハゲが発現するのは孫の代になるということなんです。

 

しかし、遺伝するハゲの要因はどうやら2つあるみたいなんです。

 

ひとつめは5αリダクターゼの分泌量。
これは多ければ多いほど、 DHTに変わる量が増えるのではげにとっては危険ですよね。

 

もうひとつ遺伝するのが5αリダクターゼの感受性です。
5αリダクターゼの量が多くても感受性が低ければさほどDHTに変わらないということなんですね。

 

このうち母方から遺伝するのは感受性の方だそうです。
そして5αリダクターゼの分泌量については母方父方両方から遺伝するので、母方の祖父
髪が健在でも父親や父方の祖父の髪の毛がはげていたら要注意なんですね。